チラシのデザイン

最近と言いますか、もうここ20年以上前からチラシなどのデザインは パソコン・・主にマッキントッシュ(アップル)と、印刷用のアプリケーションを 使って作成するのが通例となっています。 イラストレーター、フォトショップと言えば名前くらいは聞いた事があると 思いますが、ではこれらが無いとデザインが出来ないのか、チラシが作れない のか、とい言いますと、そうではありません。 パソコンが普及する前からの手法も今だに残っていますし、その方法で作成 する事も可能だからです。 とは言え、出来上がりまでの時間や手間を考えますと、パソコンで作業する 方が合理的ですし、時間も早いですし、何と言っても修正等が簡単に出来る と言う利点があります。 しかし、パソコンが使えない人も当然いらっしゃいますので、そういう場合は どうすればいいのか、次で述べたいと思います。

パソコンが使えない環境でしたら、手描きで自由に描いてみる事です。 ただし、チラシのサイズは大体決まっていますので、例えばA4であれば A4の紙にご自分でデザインし、色や文言なども決め、自由に作成して構い ません。 その時に、書体はどんな書体がいいのか、大きな見出しはどんな書体が いいのか、色は何色を使うのか、などおおまかでいいので決めておきます。 手描きの原稿を作り終わりましたら、それを印刷会社様に持ち込み相談します。 印刷会社様では、受け取った手描きの原稿を元にオペレーターが実際に デジタルデータ化して行きます。 つまり、原案などデザインだけは自分で決めて、後は人に頼むと言う事です。 そして何度か印刷会社様と直す点や修正点などを確認し、印刷に廻る事に なります。 その際、デジタルデータ化する作業分が余計に料金がかかってしまう事を 計算に入れておきます。 手描きでもチラシは作れますが、時間とお金は余計にかかる、と言う事です。